アンジェリーナのモンブラン

こんにちは、UYOです。

今回は「アンジェリーナ」のモンブランをご紹介します。

アンジェリーナとは

1903年創業。100年以上の歴史をもつパリの老舗カフェ。

あのココ・シャネルも通っていた

アンジェリーナの看板メニューは「モンブラン」。

モンブランの発祥はイタリアの家庭菓子だったが、現在の栗クリームを絞りだして作る形を完成させたのはこのアンジェリーナだったとか。

伝統的なレシピで作られているアンジェリーナのモンブランは、パリをはじめ日本にも多くのファンがいる。

1984年、銀座に「サロン・ド・テ・アンジェリーナ」がオープン。

残念ながら2018年12月で閉店してしまったが、現在は銀座の「ケーキショップ・アンジェリーナ」でモンブランが買える。

たまに駅ナカやデパートの催事などに出店もしている。

モンブランの感想

モンブランの大きさはホールケーキ並のもの、普通サイズ、デミサイズの3種類。

購入したのはデミサイズで、フランスで食べられているものより小さめ。日本だと一般的なモンブランの大きさ。

マロンペーストの中には、たっぷりの生クリーム。土台にはメレンゲが敷かれている。

マロンペーストは思ったよりも栗の風味が控えめ。

生クリームはミルクのコクがしっかり。

メレンゲはさっくりしていて食感のアクセントに。

まとめ

全体的に甘さは強め(特にメレンゲ)なので、上品な見た目に反してどっしりしていて食べ応えあり。デミサイズでも十分満足できました。

パリで愛される本場のモンブランを食べてみてはいかがでしょうか。

読んでいただき、ありがとうございました。

店舗情報

「アンジェリーナ」

  • 店名:マロニエゲート銀座2 1F
  • 住所:東京都中央区銀座3丁目2番1号
  • アクセス:JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅 中央口より徒歩4分 / 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 4番出口より徒歩2分 / 東京メトロ丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座」駅 C8出口より徒歩3分
  • 電話:03-6228-7118
  • 営業:11:00~21:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアして下さると感激です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です