コストコのクロワッサン2種類食べ比べしてみた結果

 

こんにちは、UYOです。

今回はコストコで人気の商品であるクロワッサン2種類について紹介したいと思います。

 

コストコとは

正式名は「コストコホールセール」。

大容量・低価格で商品を販売している会員制の倉庫型スーパーマーケットです。

「ヒルナンデス!」や「めざましテレビ」で特集が組まれたり、コストコの専門雑誌も発売されています。

ワシントン州のシアトルに1店舗目をオープンし、日本の初出店は1999年、福岡県の久山倉庫店です。

現在、久山倉庫店のほか、幕張倉庫店(千葉市)、多摩境倉庫店(町田市)、尼崎倉庫店(尼崎市)、金沢シーサイド倉庫店(横浜市)、川崎倉庫店(川崎市)、札幌倉庫店(札幌市)、入間倉庫店(入間市)そして新三郷倉庫店(三郷市)、前橋倉庫店(前橋市)、京都八幡倉庫店(八幡市)、座間倉庫店(座間市)、神戸倉庫店(神戸市)、北九州倉庫店(北九州市)、広島倉庫店(広島市)、つくば倉庫店(つくば市)、千葉ニュータウン倉庫店(印西市)、中部空港倉庫店(常滑市)、ひたちなか倉庫店(ひたちなか市)、和泉倉庫店(和泉市)、かみのやま倉庫店(上山市)、野々市倉庫店(野々市市)、射水倉庫店(射水市)、岐阜羽島倉庫店(羽島市)、富谷倉庫店(富谷市)、浜松倉庫店(浜松市)の26店舗が日本に存在します。

 

購入できる場所

コストコはもちろん、クロワッサンはアマゾンでも購入できます。

津田沼Loharuという商業施設の1Fでもコストコの一部商品を販売しているため、クロワッサンを2種類とも手に入れることができます。ただしパンは金、土日の週末しか販売していないという情報もあるので注意が必要です。

 

比較

今回は「クロワッサン」と「ラグジュアリークロワッサン」について比較しました。その結果は以下のとおりです。

※トーストしたものを比較しています

比較 クロワッサン ラグジュアリー
内容量 12個 15個
値段 892円(1個約74円) 698円(1個約47円)
大きさ 手のひら 握りこぶし
バターの香り 弱い 強い
サクサク感 弱い 強い

 

まとめ

 

  • クロワッサンはサイズが大きいので満足感ありで、食事向き。ラグジュアリーのほうは1個が小さいので満足感弱く、おやつ向き。
  • クロワッサンはあっさり、ラグジュアリーは濃厚

 

個人的にはラグジュアリークロワッサンのほうが好きです。クロワッサンは大きさを除けばどこにでもある感じの味でした。

購入の際は参考にしていただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアして下さると感激です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です