フェアトレードチョコレート「ピープルツリー」を食べ比べてみた

こんにちは、UYOです。

去年の10月に「ピープルツリー」の通年販売のチョコレートを紹介しました。

そして季節は冬。待ちに待った「ピープルツリー」の販売シーズンがやって参りました!(※これを書いているのは1月です)

今回は「ピープルツリー」のチョコレートを色々買いまくったので、食べ比べてみようと思います。

ピープルツリーとは

概要

フェアトレードを行っている日本のファッション・フードブランド。

チョコレートは2017年に「ソーシャル・プロダクツアワード国際部門」で大賞を受賞しています。

(ソーシャル・プロダクツアワード:デザインや機能だけではなく、環境・人・社会への配慮も兼ね備えた商品やサービスを表彰する、日本初の表彰(推奨)制度。)

ピープルツリーは日本のフェアトレード・チョコレートの先駆けといわれ、その歴史は20年以上。

(フェアトレードとは:日本語で「公平・公正な貿易」。開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することで、立場の弱い開発途上国の生産者・労働者の生活改善と自立を目指す貿易のしくみです。)

コスメキッチンなど、日本全国の様々なショップで取り扱っています。(詳しくは公式サイトの「全国のお取扱店」をご覧ください。)オンラインストアでも購入できます。

なお、ピープルツリーはチョコレートの品質を保つために秋冬限定で販売しています。

メディア紹介

  • 朝日新聞
  • anan
  • フジテレビ「スーパーニュース」
  • テレビ東京「カンブリア宮殿」

など多数

食べた感想

甘すぎるのが苦手な筆者は、ホワイトチョコ系は極力避けました。それ以外のチョコレートをご紹介します。

砂糖は黒糖を使用しているので、全体的にさっぱりした甘さです。

ミルク

まずは定番の「ミルク」。50g。

カカオのいーい香りがするのですが、食べると意外とカカオよりも芳醇なミルクの風味が主張。甘さはしっかりですが、甘過ぎではありません。

ビター・レモンピール

その名の通りレモンピールが入っています。思ったよりもレモンの香りが弱い?

ビター・ザクロ

ザクロってあまり食べる機会無いですよね。フルーティーで美味です。

オーガニック・ビター

カカオの香りが良く、程よい甘さ。350円でこの味は素晴らしい。

ペルー75

ペルー産カカオを使用。

カカオ75%なので甘さはかなり控えめ。酸味がある。

抹茶ホワイト・ライスキノアパフ

買った中では唯一のホワイトチョコ系。
ホワイトチョコは甘いですが、許容範囲。口溶けが良いので後味がすっきりしています。

キノア=キヌアです。サクサク。抹茶の風味は強すぎず弱すぎず。

カラメルクリスプ

ミルクチョコの中にサクサクのカラメル味キャンディが入っています。なのでとても甘い。

レーズン&カシューナッツ

ミルクチョコ。細かく刻まれたレーズンやカシューナッツは入っているのですが、風味はあまり感じず…

ヘーゼルナッツ

ミルクチョコ。砕いたヘーゼルナッツが入っていて、風味もバッチリ。

ヘーゼルナッツにハズレ無し。今度からキング・オブ・ナッツと呼ぼう。

ラム

でかいのしか売ってなかった。倍の100g。

ミルクチョコなのですが、ラムがしっかりアルコールの風味があって甘さは気になりません。大人向け。

プラリネ

こちらもでかいバージョン。

ヘーゼルナッツのプラリネかな。ミルクチョコなので甘さは強く、プラリネがナッツの風味がしっかりで、全体的にどっしり濃厚。一気に食べるとくどいかも。

まとめ

個人的にはビターザクロ、オーガニックビター、ヘーゼルナッツあたりが気に入りました。

50gは手ごろな値段なので、お試しで買ってみてはいかがでしょうか。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアして下さると感激です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です